地域を担う社会福祉法人として。活躍のステージは多彩です。

 社会福祉法人六心会は、20年以上の長きにわたり「その人らしい普通の暮らしをいつまでも大切に」という思いのもと、利用される方やご家族、地域の満足を高めるため、介護サービスの質向上、それを担保する良質な人材の育成などに取り組んできました。スタッフ一同、心ひとつに歩んできた成果は、着実な実績と利用者様や地域の人々からの高い評価につながっています。
そしていま、私たちを取り囲む社会環境、そして社会福祉法人に求められる役割は、大きく変わりつつあります。もちろん長い時をかけて培ってきた「お一人おひとりの人生と向き合う」質の高いケアは、今後も私たちの基盤としてさらなる充実を目指してまいります。加えて、近年ますますニーズが高まっているのが「地域支援」、安心・安全で暮らしやすく相互に支え合う地域づくりを担う役割です。法人として施設のなかだけで活動を完結するのではなく、地域に出ていき、あるいは地域をつくり出すパワーで思いを広く深く拡散させていく。そのステージは豊かなクリエイティビティのもと、介護の枠からも飛び出し、多様に広がっていくでしょう。近い将来には多世代が集住し、支え合いながら生涯にわたり安心して生活できるコミュニティ「CCRC」の動きも参考に、まさにこれからの地域福祉のリーダーとして期待にお応えしていきたいと考えています。
このように、福祉業界の未来はあらゆる可能性に満ちています。より柔軟にアクティブに、なんでもやってみたい、楽しんでやろうという好奇心と積極性を持った人、自らの専門性をさまざまな場で高めたい人は、どうか夢を持ってチャレンジしてください。活躍の場はひとつにとどまらず、創造的な展開を見せていくことになります。思いを共有できる人とともに歩み、これからの地域福祉を担う次世代へとバトンをつなぎたいと思っています。

社会福祉法人六心会 理事長
特別養護老人ホーム清水苑 施設長
堤 洋三